国民民主が「四分五裂」/手を突っ込む自民/かつての「民社党」復活へ

号外速報(8月23日 07:30)

2020年9月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

解党を決めた国民民主党が四分五裂の末路を迎えている。大半は立憲民主党と合流し9月にも新たな党をつくるというが、それを拒む議員も少なくない。背景にあるのは、理念の違い、選挙区の事情、そして好き嫌いだ。

神津連合会長に「綱領」見直しを迫る

国民民主は19日の両院議員総会で解党を決めた。執行部が示した提案は「新党をつくることを承認する」としたうえで「全員参加がかなわない場合には円満かつ友好的な手続きが進むよう対応を代表、幹事長に一任する」との内容だ。62人の議員がいる国民民主で57人が賛成の意向を示した。数字だけ見ると対応はほぼ一枚岩のようにもみえる。現実は違う。国民民主を支援する6つの産業別労組(産別)は新党に乗るか否かで連日会合を続ける。新党の綱領案に「一日も早い原発ゼロ」が明記してあるためだ。急先鋒の電力総連(坂田幸治会長)やUAゼンセン(松浦昭彦会長)などは「このままでは合流 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。