本誌独占「実名公開」!河井夫妻から現金を受け取った「100人」

特捜部が作った「買収先リスト」を入手。300万円をもらった亀井静香の秘書らが起訴されず、放置されているのはなぜか。

2020年9月号 DEEP [特捜部恐るべし]

  • はてなブックマークに追加

昨年の参院選を巡り、ともに公職選挙法違反(買収など)の罪に問われた前法相の衆院議員河井克行被告(57)と、初当選した妻の案里被告(46)の起訴状には、夫妻の買収先として100人の氏名と現金授受の時期、場所、金額などを記載した別表が添付されていた。本誌は起訴状と別表を入手し、独自の取材結果も加えて、約2900万円に上る大規模買収事件の全容を明らかにする。さらに現金を受け取った100人が起訴されず、放置されているのはなぜか。その謎にも迫る。

起訴された現金授受は計128回

東京地検特捜部の関口新太郎検事が7月8日、東京地裁に提出した夫妻の起訴状は次のような内容となっている(要旨、敬称・呼称略、元号は西暦に改めた)。〈被告人河井案里は、2019年7月21日施行の第25回参院選に際し、広島選挙区の立候補者として届け出たもの、被告人河井克行は案里の配偶者で、同届け出後は、案里の選挙運動を総括主宰した者 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。