テレ朝脱退「民放労連」は死ぬのか

大手メディアはキー局の情報操作に乗せられた。「報道ステーション」の派遣切り問題には1行も触れていない。

2020年9月号 DEEP [荒ぶる「TBS労組」]

  • はてなブックマークに追加

民間放送会社の正規社員などによる労働組合の集まり「日本民間放送労働組合連合会」(民放労連)から、最大勢力を誇るテレビ朝日労組が脱退した。東京に本社を置くキー局の脱退は発足以来、例がない重大事だ。TBS労組出身の新委員長は「無駄な闘争をしない労使協調」路線を打ち出したが、県単位を放送エリアとするローカル局は厳しい経営事情を抱え、反発する声が上がっている。経営統合が現実の課題として迫り、生き残りが絡んだ路線対立が激しさをます気配だ。

ほくそ笑むテレビ朝日の早河会長

7月25日、民放労連の定期大会がリモート方式で開かれた。テレ朝労組の脱退は、執行部が冒頭、了承したと報告して決着した。しかし、脱退の理由を巡る執行部の説明については、TBS労組の反論で虚偽が明確になった。また、大会直前に辞任した前委員長は姿を見せず、退く事情についても全く説明がない異常な展開だった。脱退について、筆者は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。