IT化失敗の象徴「ハンコ電子化」

テレワークを申請する書類に押印するため出社する、という笑えない話が蔓延中。

2020年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

コロナ禍で多くの企業が取り入れた「テレワーク」。ニューノーマルの一環として政府も推奨する。しかし、押印のためだけに出社しなければならない「はんこ出社」が通勤ならぬ〝痛勤〟と揶揄され話題になっている。日本社会のデジタル化を阻む象徴的な存在として、押印の慣習は、IT側の人々からは諸悪の根源のような扱いを受ける。緊急事態宣言の真っ只中である4月15日、1件のツイートが話題になった。「決めました。GMOは印鑑を廃止します」と宣言したのは、東証1部上場企業のGMOインターネット会長兼社長の熊谷正寿だ。日本国内で「コロナは中国の問題でしょ」と危機感が希薄だった1月末から、6千人弱いるグループ全社員の原則リモートワークを実施し、世間を驚かせた。同グループでは、社内文書はもちろん代理店などとの契約類においても、可能な限り紙と印鑑から脱却し、電子サインや電子署 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。