財務省人事の深層「太田包囲網」

官邸に付き従う太田の「査定放棄予算」を批判する矢野を、あえて主計局長に起用。直言居士の矢野は官邸と戦えるか。

2020年9月号 POLITICS [「議論する主計局」再建]

  • はてなブックマークに追加

「要すれば、最後に決めることに携わる仕事であるということです。霞が関に色々な役所があるなかで、結局最後に財務省が関わらなければ、何も決まりません」これは財務省の省内誌「MOF人(モフジン)」の2019年7月号で、現事務次官の太田充(昭和58年入省、当時は主計局長)がインタビューに答えた一節だ。「財務省の強みや伝統」を「批判される場合も多いけれども、いざ決めなければいけない段階が来たときに、そこに携わる責任があるというのがわが組織だ」と力説した。1943年に完成した霞が関で最古の財務省庁舎。上空からは「日」の形に見える、と語り継がれる。ここにのぞくのは「我々こそ日本国そのもの」という傲岸不遜なプライドだ。財政の健全性確保や適正・公平な課税を使命とし、予算編成を通じて国家統治を「仕切っている」意識こそが大蔵・財務官僚のエートスを根底で支えてきた。

何のために権力と手を結ぶのか

太田 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。