モデイ首相が「対中紛争地」を電撃視察/軍事的緊張が高まれば「マラッカ海峡封鎖」も

号外速報(7月21日 07:20)

2020年8月号 DEEP [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

米国を始めとする国際社会は、これまで経済的利益のために中国の「横暴」に目をつぶってきたが、もはや民主的な価値観に反する「蛮行」を見逃すわけにはいかなくなっている。ポンペイオ米国務長官は7月13日、「南シナ海の大半の地域にまたがる中国の海洋権益に関する主張は完全に違法だ」との声明を出した。米国が南シナ海での中国の権益拡張に関する主張を公式に否定するのは初めてである。米太平洋艦隊は7月17日、原子力空母が南シナ海で演習を実施したと発表。中国に対する軍事的圧力を強めている。 これに対し中国側は「米国は南シナ海の当事者ではない。2度と地域の邪魔者になるな」と徹底抗戦の構えだが、さすがに米国と一戦を交えるつもりはないだろう。 人民日報系の『環球時報』は7月3日、「外需の激減やサプライチェーンの寸断が生じている」と危機感を露わにし、「国内循環を主とし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。