「高額報酬批判」JICがみすぼらしい再出発

人材が集まらないJICの理念は看板倒れ。政府の言いなりの「御用ファンド」に堕しかねない。

2020年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)が再出発した。設立から2年近くが経ち、漸く実行部隊となるファンドを作り、投資を本格化する。1号ファンド「JICベンチャー・グロース・インベストメンツ」が1200億円の公的資金を振り向けるのはロボテックスや人工知能(AI)など成長産業のベンチャー企業となる。とはいえ、コロナ禍で景気悪化が懸念される中、「雇用維持」を叫ぶ安倍政権がゾンビ企業の救済を迫るのは目に見えている。JICが掲げる理念は看板倒れ、政府の言いなりの「御用ファンド」に堕しかねない。そもそもJICと聞いて、何の略称かわかる人がどれぐらいいるのか。リーマン危機直後に「産業競争力強化」を謳って設置された官民ファンド、産業革新機構(INCJ)の後継組織と説明すればわかるだろうか。INCJは「日の丸半導体」ルネサスエレクトロニクスと「日の丸液晶」ジャパンディスプレイの再編 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。