これが朝日新聞の「株主総会」

村山社主が亡くなるや「社主制度」の廃止。上野家の反対を押し切った渡辺社長は「あざとい」と罵声を浴びた。

2020年8月号 BUSINESS [朝日はどこへ向かうのか]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞社の株主総会が6月24日、大阪・中之島のフェスティバルタワー・ウエスト4階の「中之島会館」で催された。同社は、この株主総会で会社の「憲法」である定款を変更し、社主制度の廃止を決めた。『最後の社主 朝日新聞が秘封した「御影の令嬢」へのレクイエム』の著者として、私がお仕えした故村山美知子さんが本当に「最後の社主」になった瞬間を、この目で見届けたい。私はそう考え、2017年に退社して以来、3年ぶりに古巣の株主総会に出席した。定款変更の議案には、村山家とともにもう一つの社主家だった上野家が強く反対したが、会社側は圧倒的な株数の力で押し切った。かつて村山、上野両家で朝日新聞社株の60%余りを所有していた「社主」時代は終焉したが、新聞の販売部数減やコロナ禍の影響で会社の経営状況は厳しく、総会ではテレビ朝日の社長・会長も務めた元幹部が異例の質問を浴びせ、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。