謎深き「大成建設」社長交代

「業績が悪くなるだろうから」という理由での社長交代は前代未聞。お家芸の内紛勃発か。

2020年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大成建設で不可解な社長交代劇があった。在任5年の村田誉之社長(66)が5月に「経営数値が目標を下回っている」と唐突に辞任を表明。だが、前期(2020年3月期)は増収増益で「過去2番目の高収益決算」。業績が下降するのは今期(21年3月期)という。結果責任を負うのは経営トップの宿命だが「予想段階の業績悪化で辞任する例は聞いたことがない」(ベテランのアナリスト)。ここ数年、同社は山内隆司会長(74)のワンマン色が強まっており、業界関係者の間では「大成さんお得意の内紛勃発では」との憶測も飛び交っている。「執行部門の長としてけじめをつけて辞任する」5月13日にオンライン形式で開かれた記者会見。村田の辞任の弁は開き直ったかのように妙に歯切れが良かった。

「重圧に耐えられなくなった」

現行の中期経営計画(中計、19年3月期から3年間、連結ベース)の最終年度(21年3月期)の数値目標は売上高が1兆8700億円 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。