伊藤忠見切るレナウンの「腐臭」

君臨した無能経営者が再建を困難に。当の本人は「スポンサー決まったら教えて」と他人事。

2020年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

創業約120年の老舗アパレルが「消滅」しようとしている。5月中旬に民事再生手続きに入り、スポンサー探しを続けてきたレナウンがいよいよ切羽詰まった状況にある。7月下旬に本誌が出たタイミングでは、急転直下スポンサーが決まっている可能性もある。ただ、それはレナウンの存続を意味しない。業界関係者の間では「レナウンはもはや死に体。どう転んでも消えるしかない」というのが定説となっている。

目もくれない伊藤忠

同社の迷走や破綻に至った経緯は各種メディアで報じられているとおりだ。30年にわたる怠慢経営のせいで業績悪化が続き、2010年には中国の山東如意科技集団の傘下に入ったものの、立て直せなかった。新型コロナウイルスの感染拡大が破綻の原因と騒がれたが、たまたま時期が重なっただけ。実態はいつ転んでもおかしくなかった。レナウンはアパレル業界を代表する1社だった。「ダーバン」「アクアスキ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。