「ミネルヴァ破産」蠢く武富士マフィア

「過払い金マフィア」にとって弁護士は使い捨ての駒。30億円超の預り金はどこに消えたのか。

2020年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

負債51億円を抱え破産した「東京ミネルヴァ法律事務所」――。東京・新橋にある事務所には段ボール箱がうずたかく積まれ、その脇を事務員が出入りする。残務整理が行われているようだ。ビル1階に回って郵便受けを見ると、事務所名の隣に「Lawyer’s Agent」とある。密接な関係にあるらしい同社の周辺を調べると、破綻劇の背後で蠢いた面々が浮かび上がってくる。「過払い金マフィア」と呼ぶべき武富士OBらの秘密結社がそれだ。広告代理店業などを謳うLawyer’s社で2009年5月から代表取締役を務めたのは千葉巌氏なる人物だった。横浜支社長を最後に、過払い金返還請求の嵐で傾いた武富士をその年に辞めていた。新橋に事務所を構えた千葉氏は立場を180度変える。弁護士らを囲い込み、貸金業者から過払い金をむしり取る商売を始めたのだ。すぐに古巣からは睨まれたらしい。武富士の顧客名簿を使って集客してい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。