淘汰は「奈落」に近いテレ朝から

『モーニングショー』も『相棒』も好調だが、若者に刺さっておらず、そっぽ向くスポンサー。

2020年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言は全面解除されたが、民間放送各社の経営は緊急事態がなお続き、まさに奈落の淵に立たされている。在京キー局ホールディングカンパニー(HD)とその中心事業である地上波会社の2019年度決算(19年4月~20年3月)が5月中旬出揃った。日本テレビHDの売上高微増以外は全て減収減益。HD、地上波各社の業績を示す営業利益は日本テレビ以外が二桁の減益。テレビ朝日は40%を超える大幅減益。死屍累々である。しかも、これにはコロナ禍はほとんど反映されていないのだ。某民放幹部はため息を漏らす。「昨年10月の消費税増税を前にCM出稿が減りはじめ、リーマンショック以上の落ち込みが危惧された。しかし、その落ち込みは予想を遥かに超えるものだった。そこにコロナ禍。影響が出始めたのは3月最終週から、これからが本当の地獄だ。戦々恐々どころではない」

日テレ急追も利益出せず

秋の日は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。