三陽商会の「白アリ」松田社外取締役

「第2のレナウン」と囁かれるのは、社外取締役の暗躍とデジタル投資の大散財が原因。

2020年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「阿鼻叫喚」とはまさにこのことだろう。新型コロナウイルスの直撃を受け、アパレル業界がかつてない苦境に陥っている。長引く構造不況で各社は人員削減や店舗閉鎖を進めていたが、そこに新型コロナが直撃、経営悪化に拍車がかかった。6月以降もV字回復は到底見込めず、今年度は黒字が確保できる企業を探す方が難しい状況だ。

「100億円以上がドブ」

その代表例が大手のレナウン。5月中旬に民事再生手続きに入った。名門の経営破綻には衝撃が広がったが、業界では「終わりの始まり」との見方が大勢を占める。さらなる淘汰が増えるのは確実というわけだ。現在、「第2のレナウン」と目されているのが三陽商会である。三陽商会は1943年の設立で、65年から英高級ブランド「バーバリー」を日本で扱うなど、業界を代表する1社だ。しかし2015年にバーバリーとの契約が終了してからは坂道を転がるように業績が悪化。足元では4期連続 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。