シャープ・野村社長「不作為の男」

親会社である鴻海創業者の覚えはめでたいが力不足は否めず。人材不足で危機継続。

2020年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

債務超過転落の危機から4年。台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手、鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で命脈を繋いできたシャープの新社長に副社長の野村勝明(63)の昇格が決まった。鴻海から送り込まれ、孤軍奮闘で「スピード再建」を進めた会長兼社長の戴正呉(68)は会長兼最高経営責任者(CEO)にとどまるが、消去法で選ばれた軽量級社長への不安は消えない。

シャープ転落のA級戦犯

「鴻海の出資を仰いだ時のように、戴ともう一度しっかりタッグを組むことになった」5月19日、自らの社長就任を発表した電話会見で野村はこう語った。ただ、力説したタッグ相手の戴は会見に不在。経理担当として自身が同時に発表した2020年3月期連結決算も売上高が前の期に比べ5.4%減の2兆2712億円、営業利益が同37・3%減の527億円と期初予想(売上高2兆6500億円、営業利益1千億円)を大きく下回ったうえ、今期の業績予想だけでな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。