コロナ医薬「言ったもん勝ち」商法

怪しげなコロナワクチンや薬が続出。開発企業の会見に鳩山由紀夫がリモート出演。

2020年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

5月18日、バイオベンチャーの米モデルナが、開発中の新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験について、第一相試験の結果を公表した。安全性を確認する初期段階の小規模な治験ながら、抗体が確認されたとして「有望な結果を示した」とした。これを受け通信社や日本の新聞社も「免疫反応の有力な兆候がでた」と大々的に報じた。

「会社の体をなしていない」

同日には株価が20%上がり、80ドルで取引を終えたが、その直後、モデルナは1株76ドルで1760万株を売り出すと発表した。調達額は総額で13億ドル、日本円にして約1400億円にものぼる。すると翌19日、そもそもの治験結果に対し、医科学メディアの「STAT」が、専門家の声を紹介する形で「ワクチンの有効性を評価するには、データが不十分」と指摘した。実際、モデルナの治験では参加者45人に対して抗体が検出されたのは8人のみ。それ以外の反応は公表されておらず、8人は年齢も ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。