「旧債振替」濡れ手で粟のコロナ融資

仮に破綻懸念先であっても実質無利子・無担保融資だから、ほぼ100%の応諾率になっている。

2020年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの影響を受ける中小企業の救済を隠れ蓑に、公金を食い物にする事例が続出している。中小企業に最大200万円を支給する持続化給付金事業では、一般社団法人サービスデザイン推進協議会が20億円を中抜きして電通に丸投げする悪事が発覚。事業費約1.7兆円の観光需要喚起策「Go To キャンペーン」事業では、3095億円もの委託費で事務局事業者を公募していることが糾弾され、公募がいったん中止となるお粗末ぶり。安倍晋三首相が「空前絶後」と強調した補正予算の事業規模は、1次と2次を合わせて約234兆円にのぼる。前代未聞のバラマキ政策を奇貨として、コロナマネーで私腹を肥やす輩が続出しているのだ。マスメディアはどこも書かないが、コロナマネーの「上前」を撥ねる儲け話に笑いが止まらない業界がある。コロナ禍に喘ぐ中小企業の資金繰りを支える民間金融機関が、実は政府の庇護の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。