崖っぷち「日米金融資本主義」

際限のない金融・財政政策。膨張を続ける政府への信任が揺らぐことになれば、日米を含む先進国のデフォルトも。

2020年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

金融資本主義の総本山である米国ニューヨークが静まり返っている。ロックダウン(自宅待機命令)により、最悪期からは抜けたようにみえるが、まだ油断は禁物だ。第2波はいつきてもおかしくない。1918年のスペイン風邪も、足掛け3年にわたって第2波、第3波と、ウイルスによる波状攻撃が続いたことを忘れてはならない。

我が国初の「ベーシックインカム」

我が国でも、政府により緊急事態宣言が、5月31日まで延期された。日本を含め世界各国で、経済活動再開の動きはあるものの、大相撲夏場所は中止、オランダは大規模イベントを9月1日まで中止、今年10月に開催予定だったドバイ万博は1年後に延期されるなど混乱は続いている。5月6月期末の欧米の学校の多くはこのまま夏休みに突入し、日本も、学校が本格的に再開することなく、夏休みに突入するシナリオも視野に入ってきた。GWがダメなら夏休みの旅行や移動はもっとダメなはずだ。もっと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。