安倍政権は再び「厚労省」で倒れる

「消えた年金記録」時と同じで繰り出すのは弥縫策ばかり。検査率は先進国で最低水準。

2020年6月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「151人」に対して「2.3人」︱︱。経済協力開発機構(OECD)が5月6日にまとめた国民千人あたりの新型コロナウイルスのPCR検査数は、加盟37カ国トップのアイスランドが国民の15.1%の検査をしたのに日本は0.23%と、最低のメキシコに次ぐ少なさであることを明らかにした。4月28日に加盟したばかりのコロンビア(2.5人)より少ない。OECDはこの数字で、公表感染者数の信頼性を確認する。検査能力が低いと感染リスクが比較的高い人の検査を優先する可能性があり、実態が把握できない心配があるためだ。安倍晋三首相は緊急事態宣言を出した前日の4月6日、PCR検査の能力を1日2万件に上げると公言したが実績は上がっていない。厚生労働省のまとめでは、全国の自治体、民間検査会社などが1日に行った検査の合計は最高で9371件(4月17日)にとどまった。その後は減る傾向さえあり、緊急事態宣言が延長された5月 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。