まやかし幕引き「JDI劇場」

調査報告書は歴代経営陣の罪深さを列挙したが、責任は死んだ元経理幹部に押し付け。

2020年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

派手な演出、思わせぶりな伏線、二転三転するストーリー。結末はどうなるのかと固唾を呑んでいると、最後に全てを打ち遣った「夢オチ」で終わるチープなB級映画を見ているような気分になった。液晶パネル大手、ジャパンディスプレイ(JDI)の不正会計を巡る顛末のことだ。JDI元経理幹部による総額約5億7800万円の着服が明らかになったのは昨年11月のこと。「(当時の)経営陣から指示があった」と不正会計を仄めかす告発まで飛び出したが、その直後にこの元経理幹部が不審な死を遂げたことが判明した。さながら「火曜サスペンス劇場」のような展開に世間は騒然となった。だが……。『自分の力で会社の数字をよく見せることで会社やCFO(最高財務責任者)を守る、という歪んだ正義感を抱き、不適切会計処理が正当化されたものと考えられる』。4月13日に公表された不正会計に関する第三者委員会の調査報告書 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。