菅官房長官は蚊帳の外/独り気を吐く西村担当相/ぐらつく官邸の内情を露呈/コラムニスト 青山俊三

(5月07日 20:10)

2020年5月号 EXPRESS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

危機に直面した時、人も組織も「地金」を曝け出す。新型コロナウイルス対策の初動に失敗した安倍政権で、独り気を吐く西村康稔経済再生担当相(57)の評価が割れている。コロナ禍の最前線に立ち、にわかに「ポスト安倍」の一角に浮上する一方、言動の軽さが付きまとい、時として政権の機能不全を増幅する。

「官邸の司令塔」欠落で白羽の矢

細面にぎょろりとした目で長広舌を揮う姿は、ワイドショーでも、既にお馴染みだ。連日の大臣会見は、官房長官を除くと異例。本人の強い意向によるものという。G7サミットで日米独首脳らの間から覗かせた自らの顔を、宮廷画家よろしく再現したツイッターホームから強烈な自己顕示と上昇志向が立ち上る。  本来、コロナ禍の危機対応は、首相官邸の核となる菅義偉官房長官が担うはずだった。ところが、菅と首相側近の今井尚哉首相補佐官の確執は公然の秘密。今井と佐伯耕三首相秘書官の「経産省 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。