テレ朝「報ステ」のコロナ感染拡大/「情報伝達」後手後手で社員怒り心頭

号外速報(4月23日 10:40)

2020年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「我々と家族の命を、会社はどう考えているんだ」看板番組「報道ステーション」キャスター、富川悠太の新型コロナウイルス感染から既に5人の陽性者を出し(4月21日現在)、クラスター化してしまったテレビ朝日から、絶望ともいうべき悲鳴が上がっている。発端は富川の陽性が判明した4月11日(土)のことだった。富川は4月3日(金)と4日(土)に発熱。翌週、午前中発熱があっても午後には下がることから6日(月)以降も番組に出ていたが、週半ばには出演中に痰が絡み、声がかすれるなどの症状示し、10日(金)には肺炎を発症し入院した。11日(土)夕方、感染の事実がテレ朝の社員にも知られることになるが、それは文春WEBによってだった。「富川の感染を知らせる報道局長からのメールは12日になってからでした。文春WEBから半日以上、1日近く経ってからのことです。その間にも感染する恐れは十分 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。