朝日社長「次は中村、その次は角田」

第一次渡辺政権の股肱之臣を放逐し、中村史郎を副社長に大抜擢。「本能寺の変」が起きるかも。

2020年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞社社長の渡辺雅隆はまたしても居座った。社員支持率は1%しかないが、どこ吹く風である。6月には第一次渡辺政権の顔ぶれを入れ替え、第二次政権を組閣する。いま辞めたら会社提供の社長公邸、5千万円の年収、使い放題の交際費がなくなる。だからしがみつく。かくして愚鈍経営が支配する。朝日新聞社は3月30日の取締役会で6月24日の株主総会でかける役員人事を決めた。役員人事は通常は4月下旬だが、それよりも1カ月も早めた異例の内定である。その意図は大阪社会部(大社)出身という傍流ながら、在任5年を超える渡辺が自信をつけ、人事権の行使によって地位の安泰を図ったことにある。目玉の一つは、中村史郎執行役員編集担当(政治部)をいきなり「副社長」に大抜擢したことにある。朝日における副社長とは、渡辺誠毅社長時代に後継を争った一柳東一郎(政治部)、伊藤牧夫(社会部)以来絶え ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。