億単位の投げ銭飛び交う「スーパーチャット」

「俺ユーチューバーになりたい」と言う若者をバカにしてはならない。クリエイターがマネタイズできる仕組みがそこにあるのだ。

2020年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

学研教育総合研究所が公開する「小学生白書」によると男子小学生の憧れの職業第1位にユーチューバーが輝いた。男子中高生にとってもユーチューバーは各種調査のランキング上位に位置する憧れの職業だ。オヤジ世代は「ふざけたことを」と一喝したくなるが、収入の実態を知ると、スマホネイティブ世代が憧れるのも理解できる。グーグルが運営するユーチューブの企業としての主な収益源は、動画に挿入される商品広告である。広告料をシェアする形で、視聴時間や回数に応じて、チャリンチャリンとユーチューバーにロイヤリティが支払われる格好だ。ユーチューブは、チャンネル登録者(ファン)が多い優秀なユーチューバーを表彰する制度を用意している。表彰対象者の平均年収は800万円という情報がある。ただ、これはあくまでも平均であり、「年収にして数億円はゴロゴロ」と関係者はいう。小学生が憧れる特 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。