捏造穴掘りに「血税600億円」

邪馬台国の候補地が国内に40カ所も。「町おこし」や「観光スポット」をでっちあげる発掘調査はやめるべき。

2020年5月号 DEEP [お先棒担ぐマスコミ]

  • はてなブックマークに追加

毎年のように600億円以上の巨費が投じられながら、その成果について専門家の批判を受け入れず、検証されない事業がある。しかも、その約8割が「血税」で賄われる。文化庁の緊急発掘調査費は無駄の塊である。数理歴史学者の安本美典氏(産業能率大学元教授)は酷評する。「道路や鉄道、工場などを作る時に遺跡物が出てくると、文化財保護法の規定により、緊急発掘して記録を残すように定められています。日本全国津々浦々で毎年約9千件もの発掘調査が行われています」安本氏は、その在り方について2つの問題点を挙げる。まず発掘調査の重要度判定について基準がないため、詳しく調査すればするほど費用が膨大になること。二番目は調査結果そのものについての疑念である。「東洋考古学者の梅原末治・京都大学名誉教授が正確かつ克明に記録することに重きを置くレールを敷いたため費用が嵩むことになりまし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。