森信親が「外圧アフラック」のお先棒

森氏を社外取に招聘したのは郵政「侵食」の目論見。金融庁にとって厄介な存在になりかねない。

2020年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3月下旬、金融業界に仰天ニュースが舞い込んだ。金融庁前長官の森信親氏が5月の株主総会で、米保険大手アフラック・インコーポレーテッドの社外取締役に就任するというのだ。森氏は1980年に大蔵省に入省。金融庁で監督局長など出世コースを歩み、15年7月に長官に就任した。菅義偉官房長官ら政治家の威光を背に3年もの間事務方トップを務め、「歴代最強(最恐)長官」と恐れられた人物だ。退官わずか1週間後に「日本金融経済リサーチ」なるコンサル会社を設立し、ANAホールディングス顧問など多くの役職を務める。ただ長官時代に、横浜銀行を抱えるコンコルディア・フィナンシャルグループから大蔵OBの寺澤辰麿社長(当時)を追い出すなど金融機関のガバナンスに強権を発動した森氏。さすがに金融機関への天下りは控えてきたが、遂に馬脚を現した。コンサル設立直後、菅義偉官房長官が「あってはならない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。