日立東原「指針なき私心」人事

功労者のCFOを子会社に追い出し、後任はウマが合う外様。お友達内閣づくりに邁進。

2020年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「仲間とオープンな議論を尽くし、結論が出たら一致団結し実行する『和』の心、お客様から信頼を得るための『誠』の姿勢、そして何事にも臆せず果敢に挑戦する『開拓者精神』、以上3つの言葉で示される日立創業の精神を、皆さんにもぜひ実践して頂きたい」

「明らかな島流し人事」

4月1日、日立製作所の東原敏昭社長は600人を超える新入社員向けにビデオメッセージを配信した。日立は今春から入社式の名称を「Career Kickoff Session」に変更する予定だった。「会社に依存せず自らキャリアを切り拓く人材になってほしい」との考えから、東原社長の肝いりで決まったというが、新型コロナウイルスの感染拡大で、あえなく式そのものが中止になった。ある幹部は鼻白みながら話す。「入社式の名称を変えたところで果たしてそれほどの意味があるのか。体裁ばかりを気にして現実に目を向けない、いかにもヒガさんらしい話だよ」東原 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。