「緊急事態宣言」で男を上げた桜田同友会

「だらだらやるより、一気に『緊急入院』して回復させることが大事』と、緊急事態発令を促す硬骨漢。

2020年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「だらだらと続けるのであれば、一気に『緊急入院』して回復させることの方が大事だ」3月31日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を発令すべきか問われた経済同友会の桜田謙悟代表幹事は、「個人的見解」と断りつつも、今すぐにでも発令すべきだとの考えを表明した。他の財界首脳が「今は宣言が出ないように一生懸命やるのが大事」(日本商工会議所の三村明夫会頭、3月30日会見)、「政府が判断されたら、官民力を合わせて対処していく」(経団連の中西宏明会長、4月6日会見)と、歯切れが悪い物言いに終始したのとは対照的だ。当時、政府は「現状はまだ緊急事態宣言が必要な状態ではない」(菅義偉官房長官)と再三繰り返していただけに、常に政府との距離感を測りながら発言している財界首脳としては「勇み足」の印象を抱かせた。ただ、既に東京都などで感染経路が不明な患者 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。