「四悪人」が積水ロックアウト

ISSなどが会長・阿部、副会長・稲垣の再任に反対。社内が小声でしか喜ばないのは恐怖政治で抑え込んでいるからだ。

2020年5月号 BUSINESS [私物化の加速]

  • はてなブックマークに追加

4月23日に開かれる積水ハウスの株主総会を前に、「やはり」というリポートが出た。今回の総会で積水ハウスは会長の阿部俊則、副会長の稲垣士郎、社長の仲井嘉浩、副社長の内田隆の4人を含む12人の取締役選任を求めている。これに対し前会長の和田勇と取締役の勝呂文康らが、2人を含む11人の取締役選任を求める株主提案をしている。そのどちらに軍配が上がるかというのが焦点なのだが、それを前に米議決権行使助言会社のグラスルイスが阿部、稲垣、仲井、内田の再任について反対を、ISSも阿部と稲垣の2人に反対を唱えた。

阿部の事件関与を元幹部が実名告白

17年に発覚した地面師事件で、積水ハウスはまんまと騙された被害者という立場を取っているが、詐欺師集団と妙に息が合っているのは不思議である。本誌は2020年4月号(「四悪人」糾す積水「地面師」総会)でそう指摘した。改めて簡単に振り返ってみよう。東京・西五反田にある土地 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。