中国「健康一帯一路」の奸計

世界に撒き散らしたウイルスを、世界制覇のテコにする発想は「放火犯が消防士のふりをしている」に等しい。

2020年5月号 BUSINESS [「医療支援」で世界制覇]

  • はてなブックマークに追加

新型コロナウイルスに苦しむ欧米や、恐怖に震える中近東やアフリカに、中国は医療用マスクや防護服、人工呼吸器、治療薬などの供与を続けている。既に世界120カ国に援助、国営新華社通信は、「正々堂々と言う、世界は中国に感謝すべきだ」とのタイトルの論評を掲載した。国内に中国憎しの嫌中派が一定程度いるのは確かで、そうした雑誌、書籍がよく売れてはいるが、大半の国民は、中国の影響力は無視できないことを知り、政治体制や中華気質に好悪はあっても、理解して付き合おうと考えている。だが、昨年12月8日、湖北省武漢市内で最初の新型コロナの肺炎患者が発症。以降、市内の海鮮市場を中心に多くの肺炎患者が発生したのに対処せず、逆に警告した医師を拘束。都市封鎖に踏み切ったのが1月23日。春節(1月25日からの旧正月)前の国内外大移動で、世界各国に新型コロナを撒き散らした張本人が、「感 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。