「実験場」と化すパンデミック・イタリア

他の欧州諸国より感染爆発が2~3週間早かったため、医療、社会、政治とあらゆる面で新型コロナウイルスとの戦いの実験場の様相を示している。(4月15日 08:00)

2020年4月号 EXPRESS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

「新型コロナウイルス対応措置情報」を載せたイタリア政府観光局のウェブサイト(同サイトから)分子生物学と遺伝子研究を専門とするイタリア人の小児科医エルネスト・ブルジオ氏はパンデミック(世界的流行)との戦いで最も重要なのは「時間」、と3月末のラジオのインタビューで語った。ブルジオ氏は、世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの発生起源を2018~20年に流行したスペイン風邪ウイルスとし、02~03年にやはりコロナウイルスによるSARS (重症急性呼吸器症候群)が発生して以来、パンデミックは再び起こるのかではなく、いつ起こるのかの問題になっていたという。各国政府は新型コロナの感染が確認されてから早期に必要な措置を取ってきたが、ブルジオ氏によると最も素早く動いた中国と韓国でさえ、対策が遅れたという。西側先進諸国では、民主主義体制と国民の政府への信頼の低下で政府 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。