「五輪中止」安倍退陣は不可避

コロナ対策への初動失敗を機に党内の空気が一変。「この政権のやり方では持たない。終わりが早まっている」(党重鎮)

2020年4月号 POLITICS [もはや「選手交代」]

  • はてなブックマークに追加

安倍政権の終わり方は、腹痛で放り出した第1次政権の時(2007年)よりも悲惨な結末になりそうだ。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による東京五輪中止となれば、売りモノだった「危機管理」の破局的失敗となり、退陣は不可避。政権最大の「負のレガシー(遺産)」として歴史に刻まれる。3月に入ってアジアから欧州・米大陸へ急速に広がり、11日には世界保健機関(WHO)がパンデミックとみなすと表明した。長期政権は今、悪夢に向けて急速に坂道を転がり落ちている。五輪中止による国際的信用の失墜は計り知れない。夏季五輪は過去に3回、戦争で中止に追い込まれているが、感染症では初めて。02年ソルトレークシティー冬季五輪でインフルエンザが広がり、16年リオデジャネイロ夏季大会でジカ熱への不安から一部アスリートが参加を辞退したことはあったが、いずれもエピソードのレベルで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。