IT業界に蔓延する循環取引の闇

「他社に巻き込まれた」「担当者が自白しない限り発見は無理」との言い訳は通用しない。ほんの数秒で見抜けるからだ。

2020年4月号 BUSINESS [会計スキャン]

  • はてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染が拡大する日本社会の裏側で、IT業界の循環取引が薄気味悪く蔓延している。本年1月18日、東芝は、子会社の東芝ITサービスで、複数年にわたり200億円規模の循環取引が行われていた可能性があることを公表した。この際、東芝は、「東芝ITサービスの主体的な関与を認定する証拠はこれまで検出されていない」とし、「東芝ITサービスが他社に持ち掛けたものではなく、巻き込まれたもの」と弁明した。その後の報道によれば、この循環取引には、ネットワンシステムズ、日鉄ソリューションズ、富士電機ITソリューションなど7社が関与していたとされている。循環取引参加各社は、それぞれに第三者委員会等を設置して調査を行い、過年度決算訂正を行う予定としている。循環取引参加企業の対応を見て愕然とするのは、そのことごとくが、循環取引をIT業界の悪しき商慣習として捉え、特定の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。