またも就活迷走・経団連が「1日インターン」廃止宣言

繰り返される朝令暮改。中西会長が「議論百出」と指摘するインターン見直しが、学生の戸惑いを増幅させる恐れ。

2020年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

経団連は3月末に予定する大学側との産学協議会で「1日インターンシップ廃止」を盛り込んだ行動計画をとりまとめる方針だ。「まともな就業体験もない『なんちゃってインターン』」と会員企業からも疑問の声が出ていた1日インターンだが、その横行は3年前に榊原経団連が日数規定を削除したためだとの批判は強い。繰り返される朝令暮改――。就活迷走は続く。

「早期囲い込み」の抜け道

「(1日限りの)ワンデーインターンシップ(就業体験)は実施しない」――。経団連は大学側と就職活動などの在り方を話し合う「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」で、1日インターン廃止宣言を盛り込んだ行動計画の合意を目指す。中西宏明会長も2月の記者会見で「1日ではインターンシップと呼べないのではないか」と疑問を呈した。1日インターンは、文字通り1日のみ開催される就業体験のことだが、「体験」とは名ばかり。単なる企業説明会や ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。