「大商」会頭は塩野義の手代木本命

業界の総意を汲んでモノ申す屈指の論客。今秋にも、85年ぶりに製薬業界出身の会頭が誕生!

2020年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大阪商工会議所の次期会頭は現在、副会頭を務める塩野義製薬の手代木功社長で確実な情勢となった。年齢は60歳と若く、東京大学薬学部卒。東大工学部卒の尾崎会頭(大阪ガス会長、70)との相性も良い。大阪経済の活性化を至上命題とする大商にとって、「大阪から本社を移すつもりは毛頭ない」と断言する手代木氏は心強い存在だ。歴史的に製薬業は大阪の地場産業だが、空洞化が目立つ。武田薬品工業は昨年、大阪本社ビルなどを売却した。登記上の本社は大阪に残すが、実質的な本社機能を武田グローバル本社(東京・中央区)に完全集約した衝撃は大きかった。大阪・の製薬業集積から離脱したのは武田だけではない。藤沢薬品工業は2005年に山之内製薬と合併してアステラス製薬となり、本社を東京に移した。田辺製薬は三菱ウェルファーマと07年に合併して田辺三菱製薬となり、今年3月2日に三菱ケミカルホール ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。