「お菓子のスタートアップ」BAKEの試練

買収後の当期純損益が2期連続の大赤字(繰越損失額約33億4400万円)。投資ファンドのポラリスが「上場を諦め、BAKEから手を引く」との噂も。

2020年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

菓子店の倒産が増加している。帝国データバンクによれば、2019年の菓子製造小売の倒産は49件発生し、過去10年で最多となった。材料費や人件費の高騰、コンビニスイーツの台頭などで客足が遠のいた地場業者の破綻が相次いでいる。厳しい経営環境の中、業界内でひときわ注目を集めるのが、「お菓子の進化」「お菓子のスタートアップ」を掲げ、急成長中のBAKE(東京都港区、代表取締役・門田浩氏)である。元代表の長沼真太郎氏が13年4月、丸紅の菓子食品課、実家の洋菓子店を経て27歳で創業。焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」のほか、バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」などで知られる。「サクッ、フワッ」という食感と焼きたてにこだわったチーズタルトが人気を博し、駅ビルや空港に多店舗展開・海外進出を加速。現在FC店を含め110以上の店舗を展開する。17年8月、将来的な株式上 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。