脱落日産の後を追う「マツダ」

自動車マイナス成長時代が到来。脱落の最右翼はマツダ、次点はホンダといったところか。

2020年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

製造業の王様として君臨してきた自動車産業に黄昏が迫ってきた。自動車調査会社のフォーインは1月、2020年の世界の自動車販売市場が5年ぶりに9千万台割れするという予測をまとめた。台数減少は3年連続。足元では新型コロナウイルスの世界的な拡大によるサプライチェーン寸断という問題も加わり、販売のさらなる下押しは必至。「日産自動車だけでなくマツダとホンダも脱落者」との声が広がっている。

スカイアクティブが不発

「20年の世界の自動車販売台数が前年比5%程度は落ち込みそう。マイナス幅は08年のリーマン・ショック時以来のインパクトになる」(自動車アナリスト)。中国・武漢市に端を発した新型コロナの終息が見えないなか、需要予測を悲観シナリオに見直す動きが広がっている。仮に5%マイナスとなれば、台数ベースで約450万台減る計算。米欧FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の1社分(19年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。