無策「内田日産」沈没の危機

膿を出し切る決断ができなかった新社長。社内から人材を見出す力もなし。

2020年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日産自動車が2008年のリーマンショック以来、11年ぶりの赤字に転落した。19年10~12月期決算で、前年同期704億円の黒字だった当期損益が260億円の赤字になった。売上高は17.8%減の2兆5042億円、本業のもうけを示す営業利益は78%減の227億円。当期赤字に陥ったのは194億円の特別損失を計上したからだ。この決算について日産幹部は「ルノーが赤字に陥り、日産が保有するルノー株を減損処理したことが当期赤字になった主要因。本来であれば構造改革費用をさらに特損で計上し、一気に膿を出し切るべきだったが、内田誠社長兼CEOが決断に踏み切れなかった」と明かす。本業がふるわないのは、全世界で販売が落ち込んでいることと、それに起因する過剰設備からだ。19年7月25日には西川廣人前社長が構造改革を発表。全従業員の10%に当たる1万2500人を削減し、18年度720万台だった生産能力を22年度までに660万 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。