明太子御三家で独り負け「やまや」赤字迷走

多角化に失敗して財務内容が悪化し、自己資本比率は1・3%と債務超過一歩手前まで低下。地元では創業者親子の確執も囁かれる。

2020年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

福岡の辛子明太子メーカーといえば「やまや」「ふくや」「かねふく」が御三家だが、その一社やまや(社名は「やまやコミュニケーションズ」)の動向が取引先の間で話題になっている。というのも、2019年8月期は15億円の最終赤字を計上して財務内容が悪化。もともと借入金が多いうえに自己資本比率は1.3%と債務超過一歩手前まで低下し、「御三家で独り負け状態」(水産業界関係者)となっているのだ。地元紙記者によれば、ライバルのふくやは多角化に成功しており、かねふくは各地に展開する「めんたいパーク」など本業が好調だという。こうしたなか、19年6月にはやまや創業者の山本秀雄取締役(非常勤)名誉会長(73)が義弟で腹心の山脇実利氏を代表に据えて「沖縄やまや」(沖縄県豊見城市)を設立。地元泡盛メーカーとタイアップして明太子の現地生産を目指すことになった。やまやから商標ロゴや製 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。