中西経団連が「若手と女性」を副議長に抜擢

「中西カラー」を鮮明にしたのは副議長人事。最年少40歳での抜擢となったユーグレナの出雲充社長は、東大発バイオベンチャー。

2020年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

今年6月から任期3年目をスタートさせる中西宏明経団連会長を支える副会長と、諮問機関である審議員会のメンバーが固まった。任期満了で入れ替えとなる副会長は4人。新任の顔ぶれは、メガバンク首脳が2人も入ったのが目を引くものの、おおむね「男性」「大手企業」「シニア」という共通項でくくることができ、新味が乏しい。むしろ、40歳のバイオベンチャー社長や2人の女性経営者を起用する新任副議長8人の人選に、デジタル変革による社会課題の解決を目指す「ソサエティー5.0」のけん引役たるにふさわしい多様性を重視する「中西カラー」が宿っている。副会長4人のうち、副会長の待機ポストとも呼ばれる審議員会副議長からの起用は、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博会長(67)と三井不動産の菰田正信社長(65)。財界活動に熱心だった佐藤氏は「悲願の副会長就任」(大手銀行)。菰田氏就任は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。