「オヨの溝」にハマった孫正義

ウィーワークやオヨは、世界的なカネ余りが生んだ不動産バブルの「落とし子」。過大評価と言う外ない。

2020年4月号 BUSINESS [演奏者から指揮者へ]

  • はてなブックマークに追加

「投資家」孫正義に逆風が吹いている。シェアオフィスの「ウィーワーク 」に続き、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)の最重要投資先の一つ、インドの格安ホテルチェーン「OYO(オヨ)ホテルズアンドルームズ」が苦境に陥った。サウジアラビアでは原油価格が大暴落。SVFのパートナーである盟友ムハンマド皇太子が窮地に立たされている。このままコロナウイルス禍が続けば、頼みの綱のアリババ・グループの失速も懸念される。かかる未曽有の危機を乗り切れるか。2月12日に行われたソフトバンクグループ(SBG)の決算説明会で、筆者は孫と論争を繰り広げた。きっかけは、彼が発した次の一言だった。「SBGという会社を営業利益ではなく株主価値で評価するのが正しい。SBGは投資会社であり、事業会社ではない。したがって営業利益は忘れていい数字である」この日、孫は説明会の冒頭で「潮目が変わった ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。