ファーウェイ巡る英米諜報「大バトル」

米国家安全保障局は「ファイブアイズ」が崩壊の危機に晒されると主張したが、ジョンソン首相はどこ吹く風。

2020年3月号 GLOBAL [ガラパゴス化する「日米」]

  • はてなブックマークに追加

英国は2020年1月31日午後11時(日本時間2月1日午前8時)、EUを離脱した。直前の1月28日、英国政府は正式に次世代通信ネットワーク5Gへのファーウェイの参入を容認する決定を行った。翌1月29日にはEUも続いた。米国のファーウェイ包囲網は崩壊、今や排除に同調するのは日本、オーストラリア、ベトナムだけとなった。「ガラパゴス化するのは日米だ」との指摘が現実のものとなりつつある。ファーウェイ容認の立役者ボリス・ジョンソン首相は国家安全保障会議(NSC)のあと、「英国民が最高の技術を享受することは死活的に重要で、政府は同盟国との安全保障協力を危険にさらすことはない」と議会で強調した。しかし決定に至るまでには、米国家安全保障局(NSA)と英情報機関MI5(Military Intelligence 5)の間で、長く激しいバトルが繰り広げられていた。

英MI5長官が「圧力に不快感」

昨年12月5日、ボリス・ジョンソン英首相がテレビで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。