菅抜き「安倍4選」の狼煙

「トランプ再選」有力の形勢になったら、安倍続投の流れが加速する。菅氏の立場は微妙。事実上の「失脚」も。

2020年3月号 POLITICS [崖っぷちの菅義偉]

  • はてなブックマークに追加

昨年8月28日、東京・内幸町の帝国ホテル。3つある1千人収容可能な大宴会場の1つ「富士の間」で、政官財セレブたちの昼食勉強会が開かれた。講師は、加藤勝信自民党総務会長(当時)。参加者は約120人。広々としつらえられた宴席に、本誌が入手した出席者リストによると、官界は財務・経産・厚労・総務・内閣・金融各府省庁の元事務次官・有力局長がずらりと並び、財務省は現役局長の名も見える。政界は衆院議員の薗浦健太郎首相補佐官(当時)ほか。民間も名だたる大会社の元会長らそうそうたる顔ぶれが連なる。午前11時半から30分で食事を済ませ、加藤氏が40分講演した後は、午後1時まで20分間「お名刺交換」タイムという興味深い設営だ。講演の演題は特にない。立派な方々とお近づきになることが目的で、中身はあまり関係ないのだろう。実際、安倍晋三首相の腹心中の腹心である加藤氏は、2週間後の内 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。