安倍訪露に「プーチンの罠」

デリケートな歴史認識が絡む「5.9対独戦勝記念日」訪露は、安倍にとって危険な賭けになりかねない。

2020年3月号 POLITICS [鈴木宗男の「プロパガンダ」]

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三首相の故郷山口県長門市において、鳴り物入りで開かれた日露首脳会談から3年余。北方領土問題をめぐる3年前の熱気は消え失せ、交渉は行き詰まっているが、首相周辺では、なおも対露外交をプレーアップしようとする発信が続いている。その一つは、日露共同経済活動に関する底上げ的な発信だが、ここに来て安倍周辺が焦点を当てるのが、プーチン大統領が安倍を熱心に誘う対独戦勝記念日75周年式典(5月9日、サンクトペテルブルク)への出席問題だ。9月には、ロシアが事実上「対日戦勝記念日」と見なす「第二次世界大戦終結の日」(2日)と重なる東方経済フォーラム(ウラジオストク)への出席が予定されている。「5.9」「9.2」とも、センシティブな歴史認識が密接に関わるイベントだけに、今年2回想定できる安倍訪露に絡んで「プーチンの罠」が囁かれている。

「谷内口封じ」の先兵・宗男の脅し

首相・安倍が5・9対独戦勝記念式典 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。