会計評論家 細野祐二:「人質司法問題」を闇に葬るな

カルロス・ゴーン氏が逃亡したからといって、この問題が無罪放免となるわけではない。

2020年3月号 BUSINESS [京都コングレスを前に]

  • はてなブックマークに追加

旧臘29日、カルロス・ゴーン日産自動車元会長(65歳)は関西空港からプライベートジェット機でレバノンに出国。同31日、「私はレバノンにいる」「裁判から逃れたのではなく、不公平さと政治的な迫害から解き放たれた」との声明を出し、年が変わった1月8日、レバノンで記者会見を開いた。ところで、ゴーン弁護団は、2019年10月17日、東京地方裁判所に予定主張記載書面を提出している。ここで、予定主張記載書面とは、弁護側が公判で証拠に基づき主張を予定する事実を記載した書面(刑事訴訟法316条の17)のことをいう。ゴーン元会長の本年1月8日の記者会見は、この予定主張記載書面とほぼ同じ内容だったので、記者会見の中身自体は、司法関係者にとって特段目新しいものではなかった。この予定主張記載書面では、事件は、ルノーとの経営統合を阻止するために、日産の日本人経営陣と経済産業省が、統合阻 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。