イオンに忍び寄る「動脈破裂」

23年ぶりの社長交代が話題にならない。岡田一族と直参による支配は不変だからだ。

2020年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

小売業界における最近の人事ニュースでは久々の大型案件だが、サプライズ感は乏しかった。イオン社長の岡田元也が3月1日付で代表権のある会長に就き、後任社長に副社長の吉田昭夫が昇格するという発表である。

グループ各社で「ミニ院政」

「23年ぶりの社長交代」「創業家である岡田家以外からの登用」と各メディアは報道。その内容については改めて詳しく述べるまでもないだろうが、イオンの狙いは出遅れが目立つデジタル事業のテコ入れだという。2019年から同事業を統括する吉田をトップに据え、ネット通販やネットスーパーを本格的に拡大していく。もともと吉田が副社長に就いた19年から、今回の人事は社内外で既定路線と見られていた。ある関係者は「吉田さんは非常にクレバーで数字に強く、人当たりもいい。現在59歳で年齢的にもちょうど良い」と話す。国際事業やデベロッパー事業が長い吉田がデジタルに適任かという疑問は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。