鑑定士「同じ不動産」で4度メシ

四つの役所が一つの土地の評価をバラバラに発注。結果はそれぞれに都合よく、説明もなし。

2020年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

全国津々浦々の道路に、土地に関する税金を決めるもとになる「路線価」がついている。国税庁が7月に公表する「相続税路線価」は、上がった、下がった、と話題になるので知られているが、それとは別に市町村が3年に1度更新する「固定資産税路線価」が同じ道路についていることをご存じだろうか。二つの路線価は、国土交通省が毎年1月1日現在で3月に公表する「公示地価」が基準とされる。相続税はその8割、固定資産税は7割をめどに、それぞれ課税する役所が決める。ということは、同じ場所の路線価を「0.8」と「0.7」で割れば一致するはずだ。少なくとも、公示価格に連動するのだから、似た動きになるべきだ。ところが、実際はそうなっていない。一例として、埼玉県川越市の東武東上線新河岸駅東口の路線価を見てみよう。前回の評価替えがあった2018年、この道路の固定資産税路線価の値上がりは7.3%だっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。