トヨタ「大輔氏への世襲」準備

章男社長に有終の美を飾らせるため、伝統の「保守過ぎる会計」を姑息にも改め始めた。間に噛ませる人材も選定済みだ。

2020年3月号 BUSINESS [露出が増えた長男]

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車が2月6日に発表した2019年4~12月期の決算は、売上高が前年同期比1.6%増の22兆8301億円、営業利益が6.2%増の2兆587億円の増収増益となった。ホンダやマツダなど自動車大手が軒並み業績を落とす中で、トヨタの一人勝ちが浮き彫りになったが、この増益には大きな「マジック」が隠されている。トヨタ増益の構図はこうだ。マイナス要因は、円高による為替の影響で2500億円、研究開発費など諸経費の増加で500億円の計3千億円。これに対してプラス要因は、原価改善で1100億円、利益率の高い新車投入などの営業努力で1600億円、その他で1508億円の計4208億円。差し引き1208億円の増益となった。マジックは、増益要因のその他の1508億円分の中に隠されている。実はこのうち1230億円が減価償却の方法を変更したことによる効果で、これがなければトヨタは他社と同様に減益となっていたのだ。トヨタ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。