アマゾンに喰われる楽天

EC市場の伸びが鈍化すれば、アマゾンは容赦無く楽天に襲いかかる。今の三木谷に弱い店舗を庇護する余裕はない。

2020年3月号 BUSINESS [大事の前の小事]

  • はてなブックマークに追加

楽天は2月7日「公正取引委員会の調査を受けている」と発表、10日には立ち入り検査が始まった。インターネット・ショッピングの「楽天市場」で3月から予定している一定金額以上の買い物についての「送料無料化」に対し、一部の出店店舗が「優越的地位の濫用だ」と公取に駆け込んだ。楽天は昨年末には携帯電話の試験サービスで3時間半の通信障害を起こし、総務省から行政指導を受けたばかり。会長兼社長の三木谷浩史(54)が焦燥感を漂わせているのは、アマゾン・ドット・コムの脅威がひたひたと背中に迫っているからだ。楽天が公取から調査を受けていることを認めた2月7日は、奇しくも同社の設立記念日。23年前のこの日「楽天は社員6人、13店舗で始まった」というのは、三木谷が好んでする創業時のエピソードだ。今や楽天市場は会員約1億人、国内流通総額約3兆4千億円(2018年)の巨大サービスに成長した ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。