町おこしの「希望の光」銀河高原ビール「大ピンチ」

物流コスト上昇に耐え切れず醸造所閉鎖。ふるさと納税の看板商品を失う岩手県西和賀町はお先真っ暗。

2020年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本郵政社長に就任した元岩手県知事、増田寛也氏を座長とする民間組織「日本創成会議」がかつて「岩手県内で最も消滅の可能性が高い町」と名指しした岩手県西和賀町。人口5500人の寒村が今、大揺れに揺れている。ふるさと納税の返礼品として人気を集めていた町の看板商品「銀河高原ビール」の生産中止をメーカーが決めたからだ。致命傷になったのは物流コストの上昇。町おこしの希望は、絶望に変わりつつある。事の起こりは昨年12月15日。銀河高原ビールが突然「西和賀町の醸造所を2020年3月で閉鎖し、長野県軽井沢町にある親会社(ヤッホーブルーイング)に生産を委託する」と発表。西和賀の醸造所ではヤッホーブルーイングからの出向者3人と地元の19人が働いている。醸造所が閉鎖になれば、彼らは仕事を失うことになる。会社は「希望者は長野で受け入れる」としているが、従業員たちは「いきなり長野 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。