新聞が2年連続「200万部超」減

全体で210万部、一般紙は過去最大の部数減。「毎日」が2年連続10%マイナスと突出。

2020年2月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

新聞離れが加速する中、日本新聞協会が公表した2019年(10月現在)の加盟116日刊紙の総発行部数は3780万1249部で、前年比210万部、5・3%の大幅な減少となった。 また日本ABC協会がまとめた11月現在の日刊紙総販売部数も3308万7648部で前年同月比186万部のマイナスと減少幅が拡大した。特に毎日新聞の減少率が10%超と突出している。

「毎日」2年間で59万部減

19年は読売新聞をはじめ28社による購読料の値上げや消費増税という負の要因が重なった。今年は東京五輪後の景気の落ち込みが予想されており、新聞業界にとって厳しい状況が続きそうだが、各社ともいまだ有効な打開策を見いだせていない。発行部数を地域別に見ると、減少幅が最も大きいのは九州で6・9%減。次いで大阪(6・4%減)、四国(6・0%減)、東京(5・8%減)、関東(5・6%減)、近畿(5・5%減)などと続く。中国は4・5%減、中部が4・2%減、東北4・0% ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。